海外市場調査

経験豊かな現地人材に任せて、的確な情報収集を実現できます。

欲しい海外現地情報が収集できなくてお悩みですか?

【 コロナ前 】

見本市出展・海外出張の

空き時間に現地情報収集

 

忙しさに追われて、十分な情報が集めきれない。


手近な情報源に頼って、偏った情報が集まりがち。

 

【 コロナ禍 】

現地に行けないので

情報収集ができない!

 

コロナが収まるまで待つしかない

このままでは国際競争に置いて行かれる・・・ 

 


ご安心ください!

アンサンブラウとなら

経験豊かな現地人材に任せて、的確な情報収集を実現

・アプローチするべきターゲットがはっきり見えてきて、

 効率的で効果の高いセールスにつながります。

 

・商談相手との話し合い・交渉に役立つ情報を蓄えられます。

 

・商談相手の信頼を勝ち取れる、現地業界への理解が深まります。

 


業界分析

同じ業界であっても、海外では日本とは異なる状況が多々あります。業界構造や市場規模、競合状況、最新動向を把握すると、どこに向かうのが一番良いかが見えてきます。

ターゲットリスト

商品の販売先として最適な小売店、ディストリビューター、展示会ご出展の際の招待先等、現地情報を基にしっかりと精査したデータをリストアップし、海外での営業活動にお役立ていただいています。

ユーザーインタビュー

同じ商品でも、異なる文化・生活環境の消費者の好みは日本人とは違います。現地の潜在ユーザーの意見やアイディアによって、これまで多くのヒット商品が生まれています。


 

 

今、「情報」という燃料をどんどん備蓄して、

見本市開催時には大きく他社を引き離せるような、スタートダッシュをきりましょう!

ご成功実例


【生活用品メーカーさんのご成功例】

日本で人気の高い生活用品メーカーさんの欧州市場進出ご計画の際にお手伝いいたしました。

欧州市場ではまだ普及していなかった商品であったため、まずは日本での主要ユーザーと同じ20代から50代のドイツ人主婦60名にその商品を使ってもらい、一か月後に使用感についてインタビューしました。

その中で、日本では想像がつかなかった使用方法をするドイツ人が多いという大きな発見があり、次のステップとして、その使用方法での営業先をリストアップするターゲットリスト作成を担当しました。

弊社で作成したターゲットリストを基にお客様企業で営業を進め、着実に販売を伸ばされ、現在は欧州に現地法人を設立され安定した業績を築かれています。

 

【お客様からのコメント】

御社にお願いした調査のおかげで、日本での主要ユーザーとは全く違ったユーザーが欧州ではいることがわかりました。また、同じ商品なのに使い方も日本とは違っており、今後は他の商品も欧州向けに販売できると社内で検討しています。ものすごい発見でした、ありがとうございました。

 

 

 


【食品メーカーさんのご成功例】

日本の食材およびその食材の加工品を製造販売されるお客様より、欧州市場でのその食材の受容性についての調査依頼を承りました。

ドイツ、フランス、英国、イタリア、オランダの5か国を対象に、まずは各国でのその食材の普及度合い、現状での市場規模、潜在的市場規模についての調査を実施しました。各国での傾向の把握にお役立ていただき、次のステップとして、実際の現地店舗を回り、その食材の加工品がどのような形で販売されているかについてを各国毎に実地調査を行いました。

弊社の調査報告書を基に、ただ今本格的な欧州市場への進出準備をされています。

 

【お客様からのコメント】

予算に限りがある中、欲しい情報を集中して得ることができました。市場の状況を踏まえた上で出してくれたマーケティングプランの提案が、特に役立ちました。

 


【家電メーカーさんのご成功例】

すでに日本で人気の製品を、カラー変更と付属品で欧州市場でのニーズに合わせて販売されたいとご相談いただきました。

そこで、パリ在住のフランス人およびフランクフルト在住のドイツ人で20~40代女性計80名を対象に、グループインタビューを実施。通常の市場調査とは異なり、インタビュー協力者がリラックスできるロケーションを選択、ターゲット層に近い調査員が進行を担当し、活発に意見を出せる環境を整えました。

同性・同世代でも日本人とは異なる色やデザインへの嗜好の詳細が明らかになり、大きな収穫であったと喜んでいただけました。当商品は欧州仕様の色展開で、欧州市場でも人気商品となりました。

 

【お客様からのコメント】

欧州市場向けのカラーバリエーションを決めることが目的でしたが、それ以上に多くの商品開発のヒントをもらいました。インタビューの記録だけでなく、貴社スタッフのみなさんからいただいた生活者視点からの説明で、インタビューの結果がよりしっくりきました。

 

 

よくいただく質問


Q. 時差の大きい海外の会社にお願いする場合、打合せや連絡がしにくいのでは?

 

A. ご安心ください。弊社ではお客様窓口はシンガポールにあるアジア事務所が担当していますので、欧州時間に無理をして合わせていただかなくて大丈夫です。日本とシンガポールの時差はマイナス1時間、日本時間で朝10時から18時頃まで、いつでもご連絡いただけます。会議や打ち合わせにつきましては、ニューノーマルとなりましたビデオ会議で問題なく対応できます。

 

 

Q. 情報収集が大事とは思うのですが、どんな情報を集めるべきかピンときません。

 

A. 確かに、必要な現地情報は製品の種類や現在の営業状況により様々です。弊社では、まずはお客様のお話をうかがって、海外マーケティングでの課題点をはっきりさせ、その上で必要な情報収集について提案しています。ただ今、このご相談サービスを期間限定で無料にて承っております。今のうちにお気軽にご相談ください。一緒に良い方法を見つけていきたいと思います。

 

 

Q. 市場調査って高くないですか?

 

A. 日本の大手海外市場調査会社ですと、一回の調査で数百万円の予算が必要になることが多いと思います。弊社では、お客様のご予算内で最も効率・効果の高い方法を15年以上考えてきています。10万円前後からのご予算で、最も高い費用対効果を生む調査結果を提供できます。日本の調査会社は弊社のような現地の調査会社に委託をするため、その分価格が高くなるという点もあります。弊社ではそのような間接費用なく、ご予算に合わせて最大の効果を目指します。

 

各サービスの詳細・サンプルのご希望は下記お問い合わせフォームよりご連絡ください。

上記サービスの他にも、ご要望に合わせて様々な調査を提供しています。お気軽にお問合せください。

お問い合わせフォーム

*リサーチをご希望の分野について、下記のフォームにてお気軽にお問い合わせください。

メモ: * は入力必須項目です