ドイツ見本市ガイド:見本市王国ドイツ

メッセのプロ

アンサンブラウ イベント+マーケティング


 

アンサンブラウ「メッセのプロ」チームです。

これから数回にわけて、ドイツ見本市について紹介していきたいと思います。

初回となる今日は、まず、概要について。

 

見本市王国といわれるドイツ。

ドイツ国内各地に70以上の大型見本市会場があり、うち4つは世界トップ10の規模を誇ります。

また、見本市主催企業トップ10のうち半分の5社はドイツの企業です。

 

下記ドイツ地図のオレンジ色で印をつけた都市では、ほぼ毎年国際見本市が開催されています。

 

 

● 世界の国際見本市の3分の2がドイツで開催

 

毎年ドイツでは160から180の国際および国内見本市が開催されています。

これらの見本市に年間180,000以上の出展者、1000万人以上の来場者が集まっています。

出展者の60%、専門来場者の35%は国外から来ています。

国外出展者の40%と国外来場者の25%は海外(ヨーロッパ外)から来ています。

 

● 国内見本市を合わせると年間350~380開催

国際見本市の以外でも、国内見本市や一般向け展示会等イベントに約55,000以上の出展者と約600万人の来場者が揃っています。

国際見本市、国内見本市、一般向け展示会を合わせると、年間350から380の見本市が開催されており、合計1,600万人の来場者を魅了しています。

● 特に中小企業の顧客獲得の場として欠かせない存在

約58,000のドイツ企業がB2B見本市に出展しています。うち52%は製造業、24%はサービス業、20%が貿易・商取引従事企業です。

出展者の87%は中小企業です。大企業だけでなく、ドイツの中小企業のほとんどは、国内外の市場に結びつく見本市を商機につなげています。

● ワールドクラスの見本市会場

世界トップ10の見本市センターの4つはドイツにあります(ハノーファー、フランクフルト・アム・マイン、ケルン、デュッセルドルフ)。

世界中には合計4000万平方メートル以上の展示ホールがありますが、そのうち300万平方メートル以上はドイツの見本市会場が占めていますにあります。

ドイツの見本市主催者は国際的な売上ランキングでトップ10の約半分を占めています。

● 見本市産業はドイツ経済にとって重要な存在

ドイツの見本市業界は年間約280億ユーロの経済効果を生んでおり、見本市の主催企業だけで年間約45億ユーロの税収に貢献しています。

 

見本市関連の雇用は年間約23万人を確保しています。

*データはコロナ前のものを基としています。


ドイツ見本市でのご相談

下記より、お気軽にご相談ください。

【お問合せフォーム】

メモ: * は入力必須項目です

●関連記事●




今使える!海を渡って、空を超えての会議に!

ビデオ会議サポート通訳


日本との「違い」に着目した調査分析にビジネスチャンスが!

市場調査サービス





在宅勤務、ウェブベースのビジネスコミュニケーションが増える今、デジタルでの情報発信がとても大切です。