2022年5月にドイツで開催される主な見本市
2022年5月にドイツで開催される主な見本市を紹介します。 直接関係の無い分野の見本市の情報もあると思いますが、出展企業数等、コロナ前のレベルにどれ位回復してくるかという点など、ご参考になると嬉しいです。

ベルリン在住者の9割以上がビジネスでの見本市の重要性を支持
欧州現地ニュース · 2022/04/20
再開した見本市について現在、様々な意見が聞こえるドイツで、ベルリンの見本市運営会社メッセ・ベルリンが行った調査が話題のひとつになっています。 2021年10月〜11月に、ベルリンおよびベルリン近郊の18歳以上の在住者1,000名を対象に実施したオンライン調査で、9割以上の91%が見本市がビジネスにおいて重要であると回答しています。

再開したドイツ見本市、これからどう変わっていく?
ドイツのBtoBコミュニケーションを取り纏めるドイツ産業コミュニケーション連盟では、昨年末に見本市業界関係者とワークショップを開催し、その時の議論を基に「スランプ後の再生:新しい見本市の世界でのチャンス」と題した文書を発表しました。ここで挙げられているのが、次の6つのキーワードです。

2022年4月にドイツで開催される主な見本市
ドイツの見本市が通常運転を始めました。 どのような形で再開が進んでいるかを、これからこちらのブログで時々紹介したいと思います。 まずは、今年4月に開催されている主な国際見本市の開催状況について紹介します。

コロナによるドイツ企業への影響で最も深刻な点は?
欧州現地ニュース · 2022/04/06
ドイツ商工会議所が国際取引のあるドイツ企業2,700社を対象に、2021年、2022年に実施したアンケート結果です。 設問は「コロナ・パンデミックによって、今最も深刻な負担はどれですか?」、回答は複数選択が可能となっています。

ドイツ見本市コロナ関連規制の緩和が大きく進みます!
2022/03/31
3日前に見本市に関するコロナ規制が緩和に向かい始めているとお知らせしましたが、予想より早いペースで、全面的・全国的な見本市コロナ規制撤廃が見えてきました。 メクレンブルクーフォアポメルン州を除くドイツ全州で、4月3日より見本市入場前にコロナ関連での証明書類の提出が撤廃されます。

ドイツ見本市コロナ関連規制 緩和し始めました!
欧州現地ニュース · 2022/03/28
ドイツへの見本市出張に関するコロナ規制について、最新情報です。 先週より、見本市業界においてもコロナ規制が緩和となってきました。 数多くの大型国際見本市が開催されるフランクフルトのあるヘッセン州では、見本市入場前にコロナ関連での証明書類の提出が撤廃されました。

ホーム・オブ・コンシューマーグッズ:現時点のホールプランが発表されました。
アンビエンテ、クリスマスワールド、クリエイティブワールドが同時開催となる新しい形の見本市「ホーム・オブ・コンシューマーグッズ」のホールプランが発表されました。2022年2月時点での最新プランです。

ホーム・オブ・コンシューマーグッズ:来年2月フランクフルト消費財メッセが熱い!
オミクロン株の影響で今年のフランクフルトでの消費財見本市の多くが開催中止となりましたが、この中止を取り返すべく、来年2月のフランクフルトに大型消費財見本市が合同開催されることが発表されました。

春節に見える海外マーケティング現地化の重要性
こんにちは、アンサンブラウ熱帯特派員です。 シンガポールは先週、旧正月で賑わいました。旧正月は、ヨーロッパのクリスマスと同じ、またはそれ以上に商品が売れる大チャンスの時期です。その旧正月商戦で、海外ブランドがどのように現地化を実現しているかを紹介します。

さらに表示する